トップへ

レーザー脱毛で起こる肌トラブルの原因は様々

脱毛効果の高いレーザー脱毛は跡が残る場合がある!?|名古屋で脱毛

医療レーザー脱毛は危険?

 

医療レーザー後に気を付けないと大きな肌トラブルの原因になる、四コマ漫画

 

脱毛というと、肌にやさしいフラッシュ脱毛が人気です。しかし、最近は脱毛効果が高い医療レーザー脱毛を受ける人が増えています。特に、しつこいムダ毛や濃いヒゲにレーザーは効果的といわれ、早くムダ毛をなくしたい人に支持されています。

 

しかし、「効果が高い=出力が高い」ため、肌トラブルのリスクはフラッシュ脱毛よりも高いとされています。おきやすい肌トラブルは、火傷や毛嚢炎、腫れ、赤みなど。

 

ただ、こうした肌トラブルは一時的なもので、翌日から一週間程度で元に戻るのがほとんど。医療レーザー脱毛はクリニックで行うため、医師や看護師といった医療従事者が施術します。

 

万が一肌トラブルがおきてもすぐ対応してくれるので、むしろ脱毛サロンよりも安心だと考える人もいます。

 

レーザー脱毛で肌トラブル!?こんなはずでは・・・と嘆く女性

 

跡が残ることはある?

 

かつて脱毛の主流だった「ニードル脱毛」は、毛穴の腫れや赤みをおこしやすい脱毛でした。ひどくなると、脱毛した部分の毛穴に色素沈着などの跡が残ってしまうケースも。

 

それなら、レーザーは跡は残らないか気になりますよね。基本的に、医療レーザーで跡が残ったという例はほとんど聞きません。

 

でもまったくないわけではなく、肌の状態によっては跡が残ってしまうケースもわずかですがあります

 

肌の健康状態や術後のケアが鍵

 

医療レーザーで跡が残ってしまうのは、

 

脱毛中は健康やケアを怠らないことが重要

 

このようなケースがあります。

 

まずあざができやすい人や肌が弱い人は、レーザーのパワーに負けて跡が残ってしまうことがあります。

 

この場合は、医師と相談して肌にやさしいレーザー機を使うか、パワーをセーブする、術後のお手入れで肌を保護するなどの方法で防ぐことは可能。まずは、クリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

 

次に、日焼けやお手入れ不足のケース。施術後は見た目はなんともなくても、肌は敏感になっています。脱毛直後は、普段よりもきちんと肌を守ってあげれば、跡が残ってしまうリスクは防げます。

脱毛直後に気をつけたいこと

 

脱毛直後は次のようなことを守るようにしましょう。

 

脱毛後に特に気をつけて起きたい事

 

体を温めると、炎症がおきやすくなるので、体温の上がる運動や飲酒、お風呂や温泉は避けるようにしましょう(ゆるいシャワーはOK)。できれば、施術した部分は濡れタオルなどで冷やすといいですね。

 

紫外線は肌を刺激して炎症を招いてしまう危険があります。肌が敏感になっているので、上着や帽子などで肌を紫外線から守りましょう

 

そして最後に保湿です。保湿することで乾燥(肌トラブルの元)を防ぎ、肌を元気にしてくれるので、保湿ケアも忘れないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ