トップへ

一口に光脱毛といってもサロンによって種類が違う

脱毛サロンの光脱毛にも違いがあるって知ってた?

知っているようで知らない、エステ脱毛の脱毛方式の違いについて

脱毛は、エステ脱毛と医療脱毛とざっくり分けてどっちがいい? という議論を聞くことが多いのですが、実は、脱毛方式にはもっと細かくいろいろな種類があります。

 

医療脱毛にも、レーザーの種類はさまざま。
今回は、主にエステ脱毛で人気の脱毛方式、IPL脱毛とS.S.C脱毛違いについて説明します。

IPL脱毛とS.S.C脱毛の脱毛方式について

IPL脱毛は主に銀座カラーで行われている脱毛方式です。
一方、S.S.C脱毛は主にミュゼで行われている脱毛方式です。
どちらも、効果に大きな差はないのですが、脱毛機器や脱毛のメカニズムなどに違いがあります。

 

脱毛は、ムダ毛の毛質や肌質、色や状態などによって効果にも違いが出てくることがあります。
同じ人でも部位によって痛みや効果に違いを感じたりすることもあります。
例えば、友達はすぐに毛が生えてこなくなったのに自分はイマイチ効果を実感できなかったり、ワキはすぐ効果を実感できたのに、VIOはダメだったり・・・。
そんな時は脱毛方法を変えてみると効果や痛みが違ってくることもあります。

 

脱毛方式について、簡単に学んでみましょう。

 

IPL(インテンス・パラス・ライト)脱毛とは

IPL脱毛(Intensive Pulse Light)とは、インテンス・パルス・ライトの略で、キセノンランプというランプを使用した脱毛機を使用した脱毛方式です。

 

帯域の光エネルギーによってメラニン色素に反応し毛根にダメージを与え、毛の抜け落ちを促進させます。 光が、毛のメラニン色素の黒色に反応して熱を発し、毛根の毛母細胞のなかにある毛乳頭という発毛組織に熱ダメージを与えて、毛の再生する力を弱めます。

 

日本で最初に紹介された光脱毛の方式で、シミや痣などの治療など、もともとは美肌目的で使われていました

 

シミやそばかすのフォトフェイシャル治療にも使われるライトなので、色白になる、美肌効果があるといわれています。
つまり、IPLには脱毛効果と同時に美肌効果も期待できるというメリットがあります

 

痛みも少なく、顔の脱毛にもおすすめです。
また、光の照射面積が広いので、背中などの広い部位にも効果的です。

 

S.S.C脱毛(スムース・スキン・コントロール)とは

S.S.C脱毛(Smooth Skin Control)とは、スムース・スキン・コントロールの略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛システムです。
この脱毛方式の特徴はジェルにあります。 光に反応するジェルをお肌に浸透させ、ジェルと照射の相乗効果により抑毛させる、というのがS.S.C脱毛の方式です。

 

ジェルの中には、「トレジャービーンズ」と名付けられた有効成分の入ったカプセルが入っていて、それに光が作用たときにカプセルの膜がやぶれて、有効成分が毛穴に浸透していくという仕組みです。

 

ジェルに反応する脱毛光を照射するので肌が受けるダメージはほとんどないと言われています。
痛みも少なく、VIOや顔などデリケートゾーンの脱毛にも向いています

 

また、IPL脱毛でつかう「キセノンランプ」より、肌にやさしい「クリプトンライト」のを使用しているので、IPL脱毛より痛みも肌への負担も少ないと言われています。

 

さらに、メラニン色素に反応させるという方式ではないため、肌の色の黒い人や産毛の脱毛にも効果が出やすいと言われています。

IPL脱毛とS.S.C脱毛の違いとは?

最終的な脱毛効果も、実際に脱毛を受けている感覚もほとんど同じですが、IPL脱毛は毛根のメラニンに働きかけ、毛根にダメージを与えて脱毛を促します。

 

一方、S.S.C脱毛は光で毛根にはダメージを与えることはありませんが、抑毛ジェルを皮膚の中へ浸透させることによって毛の成長を抑えていきます。

 

IPL脱毛をもっと強力にしたものが一般的に医療レーザー脱毛と呼ばれているものになります。
また、クリニックでは、IPLとRF(光高周波)を組み合わせて使用しているところもあります。
(最近では、クリニックの脱毛機も多岐にわたり他の方法も増えています)

 

よくエステの脱毛はグレーゾーンと言われることもありますが、これは、基本的に同じ脱毛方式を弱めに行っていたからなんですね。
(エステでは医療行為を行えないので出力を下げた状態で照射する事になっています)

 

一方、S.S.C脱毛は、あくまで化粧品(抑毛ジェル)を浸透させるという行為なので、医療行為にはなりません。
毛根に直接ダメージを与えない分、IPL脱毛よりもS.S.C脱毛の方がお肌に優しいともいえますね。

それぞれの脱毛サロンで工夫をこらした脱毛方式を採用

IPL脱毛は主に銀座カラーとエタラビで使用しています。
銀座カラーでは、脱毛に加えてオリジナル保湿ケア「美肌潤美ミストシャワー」を採用。  
さらに、2015年9月からは『プレミアムファストパス脱毛』という独自の脱毛方式を採用しています。

 

S.S.C脱毛を採用しているのは主にミュゼプラチナムと脱毛ラボ
脱毛ラボでは、最新の連射機で施術時間が約半分となりました!

 

TBC・エピレは自社独自開発の機械を使用しています。

 

キレイモはPielという、照射ヘッドが冷えることで、冷たいジェルを塗らずにお手入れできるという国産の脱毛機を使用しています。

 

 

シースリーはルネサンスという国産の脱毛機、基本原理はIPL脱毛と同じようなものだと推測されます。

 

ディオーネは、ハイパースキンカレンという低温の光を使う脱毛機を使用しています。 他の脱毛サロンの脱毛方式との違いは、成長期の毛根の毛乳頭に作用するのでなく、毛が作られる前の元となる発毛因子に働きかけて発毛を抑制するというメカニズム。
そのため、通常の脱毛サイクルより短めの2週間おきに通って照射を行います。

光脱毛についてのまとめ

脱毛機やそのメカニズムにはそれぞれ違いがありますが、どの脱毛サロンでも工夫をこらし、脱毛効果や美肌効果、痛みには大きな違いはありません。

 

できれば、それぞれの脱毛をお試ししてみてしっくり来るものを選ぶといいですね。

 

また、なかなか脱毛効果を実感できない、という場合は、脱毛方式を変えたら効果を実感できた!という口コミも多いので、試してみる価値はありそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ