トップへ

脱毛効果を最大に引き出すには?

脱毛効果を短期間で最大化するために自分でできること5つ

脱毛するなら、できるだけ短時間でキレイになりたい!と思いませんか?
ここでは、脱毛の効果を短期間で最大化するために自分でできることを紹介します。

 

1:予定通り通えるようにスケジュールを調整する

効率よく短時間で脱毛を終えるためには、なんといっても毛周期に合わせてきちんと脱毛に通うことです。そのためには、次のようなことに注意してみましょう。

 

予約の取りやすい脱毛サロンを利用する

予定通り脱毛に通うためには、予約の取りやすい脱毛サロンを利用しましょう。
人気の高い脱毛サロンは、予約が取りにくいというケースもありますから、実際にお試しに通ってみたり口コミなどで調べてみるといいですね。
また、予約の取りやすい予約システムを導入しているか自分の通おうとしているお店の混む時間帯はいつか、なども調べておきたいですね。

 

全身脱毛が1度にできるよ!

 

ちなみに、ミュゼプラチナムは以前は人気が高く予約が取りにくいというウワサの脱毛サロンでしたが、現在はとても予約が取りやすくなっています
経営危機も過ぎ去り、解約者が多数出たことで逆に予約が取りやすくなり、新しい脱毛機を導入し、ますます脱毛効果には期待できるミュゼプラチナムは、今こそ狙い目です。


 

脱毛した直後に予約をとる

予約を取るのに一番確実なのは、脱毛した直後に予約をとることです。
直接お店の人と交渉できますし、早めに予約を抑えておけて安心です。
脱毛に行く前に、次の脱毛のタイミングでいつなら予約を入れられそうか自分のスケジュールを確認してから行くようにしましょう。

 

1度で全身の脱毛をしてくれるプランも

全身脱毛

毛周期に合わせて脱毛するならタイミング的には2,3ヶ月に1回ということになりますが、まとめて何箇所か、さらには全身脱毛となると脱毛に通う回数は多くなります。

もし、全身脱毛を希望するのなら、1回の施術で全身の脱毛をしてくれるというようなプランもありますから、全身脱毛をしたいけれど何度も通う時間はない、という方は、そのようなプランを選ぶことをおすすめします。

 

予定通り通えず期間が空いてしまう時は?

脱毛サロンに通い始めたけれど、急に仕事が忙しくなった、長期で旅行や出張に、など、予定通りに通えない時期もあるかもしれません。
そのようなときは、家庭用脱毛器でケアしておくことをおすすめします。
というのも、脱毛に通えない期間が長くなってしまうと毛量が元に戻ってしまい完了までの期間が伸びてしまいます
家庭用脱毛器はサロンやクリニックの脱毛機より出力は低く効果も少ないのですが、脱毛に通えない期間が長引いてしまいそうなときには家庭用脱毛器も活用しましょう。

2:脱毛している期間は自己処理を控える

何度も言いますが、脱毛効果を最大化するためには毛周期が大切です。
ムダ毛の自己処理はこの毛周期を狂わせてしまう原因となりがち。 できれば、脱毛に通っている期間は自己処理を控えたほうがいいでしょう。

 

特に避けたいのは毛抜きとカミソリ
特に毛周期に影響するムダ毛の自己処理法は毛抜きとカミソリによるものです。
毛根を刺激してしまい、ムダ毛の毛周期を狂わせてしまうため、次の脱毛時にムダ毛の状態が脱毛にちょうどよいタイミングとずれてしまいます。
もちろん、脱毛テープや脱毛クリームもNGですよ!

 

脱毛中の自己処理は電気シェーバーで行うどうしても処理したい場合は、
電気シェーバーなどで丁寧に処理してください

3:肌ケアに気をつける

せっかく脱毛したら、人に見せられる綺麗な肌で痛いですよね!
肌が荒れていると脱毛することができなかったり、適正な出力で脱毛できなかったりします。
ですから、特に脱毛時には肌のケアに気をつけてください。

 

肌の保湿は大切

肌を守っていたムダ毛を脱毛してしまうと、肌は乾燥しやすくなりますし、脱毛の刺激自体も肌に刺激となっています。
脱毛前後はもちろんですが、日頃から肌の保湿には気をつけましょう。

 

日焼けは、肌荒れを引き起こすと同時に肌の色も変化してしまいます。

脱毛中は日焼け禁止

光脱毛やレーザー脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に反応することで効果を発揮するシステムですから、肌の色が赤かったり黒かったりすると、適正な出力で脱毛をすることができません。ですから、脱毛期間中の日焼けは絶対に避けましょう。

肌が弱く、日に焼けやすいという方は、日焼けの心配が少ない秋から脱毛を始めるというのもおすすめです。

4:規則正しい生活をする

体毛の濃い、薄い、少ないなどは性ホルモンが大きく影響していると言われています。
妊娠中や授乳中、子どもは脱毛を控えたほうが良い、ということは聞いたことがあると思います。これは、ホルモンバランスによって毛の生え方が大きく左右されるということが大きな理由です。 精神的なストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れは毛周期などムダ毛の状態や肌の状態にも関わってきます。
脱毛の効果を高めるためには、心のストレスを減らして規則正しく生活する、というのがベストです。

5:ムダ毛が薄くなる食べ物をチョイス

体毛の状態お性ホルモンの影響を受けます。女性ホルモンが減ってしまったり男性ホルモンが過剰に分泌されると体毛が濃くなってしまいます。
ですから、男性ホルモンが分泌されやすい肉食中心の生活などは改めたほうがいいでしょう。

 

また、女性ホルモンを増加させるような大豆などを多めに食べることもおすすめです。
過度なダイエットやタバコは女性ホルモンを減少させる原因となりますから避けるようにしましょう。

 

脱毛サロン任せにしない

いかがでしょうか?
脱毛の効果を短期間で最大化するために、自分でできることを紹介しました。
もちろん、これをすべて実行する必要はありませんが、脱毛サロン任せにせずにムダ毛や脱毛について自分でも勉強するなど積極的にアプローチしていくことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ・Vライン 全身脱毛 医療脱毛 名駅お勧め脱毛