トップへ

ムダ毛の生えるメカニズムについて説明

ムダ毛の生えるメカニズム

毛は、生えたり抜けたり、休んだりを繰り返している

ムダ毛のことは毎日気になっている・・・という方も多いと思いますが、そのムダ毛についてはよく知らない、という方も多いのではないでしょうか?
たまに、脱毛サロンに行ったのにスグに生えてきた!効果なし!なんていうことをいう人がいますが、これは毛の毛周期と脱毛のメカニズムについて理解していないからです。

 

脱毛サロンが何回も通わせたり、続けて予約を入れてもらえないのを良くないことのように捉える人もいますが、効率よく脱毛をするために行っていることなのです。
効率よく脱毛するために、ムダ毛の生えるメカニズムについて知っておきましょう。

 

発毛〜退毛の循環図

毛は、同じ毛がずっと生えているのではなく、一つの毛穴からは生えては抜けて、しばらく休んで、そしてまた生えてを周期的に繰り返しています。
これを毛周期と言います。
毛の毛周期は、体の部位によって異なり、髪の毛は4年〜6年、ワキ毛やアンダーヘアでは2、3ヶ月と言われています。
このような周期で休止期 → 成長期 → 退行期へと変わっていくのです。

脱毛効果があるのは成長期のムダ毛のみ

<光脱毛・レーザー脱毛のメカニズム>

 

一般的に脱毛エステやクリニックで行われている光脱毛やレーザー脱毛では、レーザーや光の熱エネルギーが表皮を通過して、毛根のメラニン色素に熱のダメージを与えます。
それにより、毛根にの毛乳頭を破壊し、毛乳頭がダメージを受けることで毛が生えなくなるため、脱毛できるのです。

 

<脱毛効果があるのは成長期のムダ毛のみ>
発毛〜退毛の循環図
つまり、エステやクリニックでの脱毛では、脱毛効果があるのは成長期の毛のみとなります。
休止期や退行期のムダ毛には光やレーザーを当てても効果がないのです。

 

また、体表に現れている成長期の毛の割合は、ワキ毛は30〜40%肘下やヒザ下は20〜30%程度と言われており、脱毛施術を何度も行う必要があるのです。

 

また、効率よく脱毛しようと思えば、例えばワキ毛では毛周期に合わせて2〜3ヶ月に1回、という予約の取り方となるのですね。
もちろん、この毛周期には個人差もありますし、何回か脱毛施術をした後では毛の生えるタイミングも変わってきます。
この辺りは、経験豊かなスタッフの方の意見を取り入れたほうが賢い選択でしょう。

賢く脱毛するためには?

できるだけ効果的に脱毛をしたい!という方には、幾つかの脱毛サロンやクリニックで「お試し脱毛」を受けてみることをおすすめします。

 

脱毛のメカニズムはどのサロンやクリニックでも同じですが、脱毛機はそれぞれのサロンやクリニックで工夫をこらしているため、波長や熱量などに違いがあるのです。
この光の波長や熱量の組み合わせにより、肌への影響や脱毛効果が違ってきます。

 

ムダ毛の毛周期、毛穴の形状や深さ、肌質やムダ毛の毛質(太さ・色など)毛量などによっても合う機会が違ってきます。

 

脱毛は数回で終わるものではありません。
通い始めたら1年〜3年は必要となります。
ムダ毛と脱毛のメカニズムをしっかり理解し、選ぶときに少し手間を掛けると効率のよい賢い脱毛を選ぶことができます。

 

トップページワキ脱毛サロン全身脱毛サロン


ホーム RSS購読 サイトマップ